投資ちゃんねる - 株・FX・投資2chまとめ -

    カテゴリ: 雑談

    1: 2017/01/08(日) 11:04:03.31 ID:CAP_USER
    http://diamond.jp/articles/-/113376

    漫画家として第一線で活躍し続ける三田紀房さん。連載中の『インベスターZ』では、
    中学生の主人公が100億円もの大金で投資するなど、斬新なアイデアで投資やマネーの真実を鋭く描いて物議を醸している。

    現在発売中の雑誌『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、そんな三田紀房さんにインタビュー!?
    三田さんに、投資を始める際に大切な心構え、資産を築くための鉄則について話を聞いた。


    『インベスターZ』は、中学生の主人公の財前孝史が、自分が通う名門中高一貫校の運営費を稼ぎ出す
    「投資部」に入部するところから始まります。財前は、右も左もわからないまま、先輩に言われて、
    いきなり100億円もの大金で投資をさせられるんですね。漫画はエンターテインメントですし、
    中学生が投資だなんて突拍子もない設定だと思われるかもしれませんが、現実の投資も、始めるなら早ければ早いほうがいいと私は確信しています。

     投資に興味を持ったとき、大多数の方は初めの一歩として、まず知識を得ようとするでしょう。
    しかし、「勉強」「準備」という名の助走期間が長すぎると、逆に行動が阻害されてしまうのも事実。
     私はとにかく「知識もないまま株をすぐ買ってみる」ことをおすすめします。自分の収入のなかで投資に回せる額を考え、
    口座を開設したら、好きな銘柄・知っている銘柄を買ってみてください
     株を買うことは、「恋愛」と似ているかもしれません。好きになった相手のことを調べ上げ、
    すべてを理解してから「よし、好きになるぞ!」なんて人はいませんよね。株も同じ。
    企業の業績や過去をすべて勉強してからでないと買ってはいけないと思い込んでいる人が初心者には多いようです。
    考え過ぎずに、「いいな」「好きだな」という印象を大切にすればOK。すぐ行動に移しましょう。

     恋だって投資だって、失敗を恐れて行動しなければ成功は永遠にありません。投資に恐怖感を持つ方も多いです
    失敗しても「たかがカネ」。命を奪われるわけでも、家族の未来が断たれるわけでもなく、ただ預金通帳から数字が
    消えただけのことです。失敗の理由を分析して次に活かすか、負の遺産のまま終わらせるか、それはあなた次第。
    今行動するかしないかで、同じ給料をもらっていても、資産にどんどん差がついていくでしょう。
     若い方のなかには、収入が途絶えたときのことを想像できない人も多いかもしれませんね。
    今は良くても、給料がなくなった瞬間から貧乏が始まります。定年制の廃止によって、生涯働ける人が出てくる一方で、
    早期退職や減給を余儀なくされる人も増えるはず。給料をもらえなくなってからの人生をどう設計するのか、
    経済基盤をどう自分で作るのか。今から行動しないと、絶対に間に合いませんよ。そのためには投資しかないんです。

    貯金があってもそれだけでは安心とは言えません。一度使ってしまえばそれで終わりですからね。これから必要になるのは、
    お金がお金を生む「投資」への発想転換です。雪だるまを作る要領で、お金を2回転、3回転させながら運用し、
    どうやったら長期的に大きな収入を得続けられるかを考えることが大切です。
     投資というと、ついデイトレーダーのような姿を思い描きがちですが、基本的に投資は、長期でコツコツ続けるべきもの。
    成功した投資家たちはみな「長期コツコツ型」です。
     ソフトバンクでもトヨタでもなんでもいいから、好きな銘柄を20~30年持ち続けること。
    それはつまり、株を通して社会にコミットし続けるということにほかなりません。だからこそ、始めるのは早いほうがいいのです
    株と一緒に自分も資産も少しずつ成長していけばいい。
     いきなりジャンプして大きく儲けようと思うから、足をくじくのが怖くて動けなくなるのです。
    ただ一歩、小さく踏み出すだけでいい。あとはコツコツと平凡に王道を歩むこと。それが、成功への近道だと思います。

    【株で儲けたければ勉強するな!人気漫画家が語る投資術】の続きを読む

    1: 2016/02/20(土) 09:53:27.51 ID:CAP_USER.net

    http://diamond.jp/articles/-/86472
    「バフェット指標」では昨年夏から日本株は割高
    世界経済の「最悪のシナリオ」も想定すべし!
    闇株新聞が予測する世界の株式市場の行方
    リーマンショックから昨年までの株式市場は急落があっても値動きが落ち着くと、いつの間にか株価が回復し
    上昇基調に戻るパターンが繰り返されてきました。しかし、今年に入ってからの下落はいつまで経っても
    反転する気配を見せず「これまでとちょっと違うのでは」と感じている方も多いのではないでしょうか。
    経済の闇に光を当てる刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」は、最新号でその違和感の正体について
    解説しています。この相場「とうとう来るべきものが来た」と考えるべきかもしれません。

     最近の世界的な株価急落、長期金利低下、資源価格下落を理解し、さらに先行きを読む場合には、
    少なくともリーマンショック以降に世界経済や金融市場を取り巻いていた「常識」について、検証してみることが必要です。
     検証を重ねることによって、近い将来に現れる可能性のある「最悪のシナリオ」もおぼろげながら
    読めてきました。あまり目先のことではなく、やや中期的(3か月程度)を見据えた「概況」のようなものと考えてください。

    リーマンショック以降の株式市場の値動きは実体経済とはかけ離れたものになっていた
     リーマンショック後の日経平均の安値は7054円(2009年3月10日)、同じくNY株式の安値は6547ドル
    (2009年3月9日)です。このところの株式市場が急落しているとは言っても、先週末(2月12日)の
    日経平均は14952円でしたので安値から2.1倍、NY株式も15973ドルで安値から2.4倍の水準にあります。
     これに対し、日本の名目GDPはリーマンショック翌年(2009年)が471兆円だったのが499兆円(2015年/推定)と
    1.06倍にしかなっていません。米国の名目GDPは14兆4200億ドル(2009年)から17兆9700億ドル(2015年)まで
    1.24倍になっていますが、日米とも株価の上昇率が名目GDP成長率を大きく上回っています。
     ウォーレン・バフェットは、株式時価総額増加率と名目GDP成長率は長期的には収斂すると主張しており、
    両者を比較した「バフェット指標」で見ると日本株は昨年夏時点で割高であると警告していました。

     これは日経平均が中国ショックで急落する前のことですが、今から考えると日本株は
    (NYを含む世界の株式も多かれ少なかれ)割高だったため、中国ショックの影響もより大きく出てしまったことになります。
     もっと大雑把に「世界の株式時価総額」で見てみましょう。リーマンショック直後の35兆ドルが直近では56兆ドルと、
    やはり1.6倍になっています。ちなみにリーマンショック後のピークは71兆ドル(2015年5月)でしたので、その時点では2倍をこえていたことになります。
     世界のGDP総額については中国の数字が信用できないため掲載しませんが、リーマンショック直後から
    今日まで株式の時価総額並みに1.6倍になっているということは普通に考えてあり得ません。
     経済の実体をより正確に表すのは商品市場です(少なくとも本紙はそう考えます)。商品市場全般の
    値動きを示すCRB指数は、リーマンショック後の安値が200ポイント(2009年3月)、高値が368ポイント
    (2011年5月)です。先週末は160ポイントでリーマンショック直後の8割の水準でしかありません。
     原油価格は政治的要因の影響も大きいので単純な比較はできませんが、原油先物(WTI)はリーマンショック直後の
    1バレル=32.40(2008年12月)だったのが114ドル(2011年5月)まで上昇し、2014年7月から急落を繰り返して先週末
    は29ドルとリーマンショック後の安値を下回ったままです。?
     確かに株式市場はそれぞれの国の代表的な企業の集合体であるため、その時価総額はその国の付加価値を示す
    GDPよりも増加率が大きくて当然です。何より もリーマンショック以降は世界的に金融緩和・量的緩和が行われ投資資金が
    溢れ返っていたので株価や時価総額が増加するのも当然でした。しかし…
     いくらなんでもリーマンショック以降の株式市場と、実体の経済(GDP、CRB指数、原油価格.etc)のギャップが大きくなりすぎたのではないでしょうか!?


    【【相場】「とうとう来るべきものが来た」 バフェット指数が警告、時価総額とGDPは収斂する】の続きを読む

    1: 2016/02/20(土) 10:23:07.43 ID:CAP_USER.net

    https://unistyleinc.com/techniques/416
    今回はその中でもアウトローなESで知られている三井物産のインターンESを分析し、解説を行いたいと思います。

    【Program B】
    「あなたは「どこでもドア」の開発に成功しました。いくらで販売しますか。値付けの理由も含めて説明してください。」(800字)


    さてここからがタイトルの通り、多くの人が悩むであろうどこでもドアの値決めの問題です。
    Program Bでは昨年に引き続き、価値をつけさせる問題が出ました。昨年度は自分自身の値段をつけて、そ
    の理由を説明させる設問でした。インターン参加者の回答はまちまちで、0円と回答した人から高い金額をつけた人までいたようです。

    参考:16卒三井物産のインターンESで書くべき内容

    ここも値付けの金額よりも理由付けが問われているものだと思われます。ビジネスの世界では「値決めは経営」
    と呼ばれるほど重要な要素です。正しい値決めが会社の行く末を左右すると言われています。

    今回もどこでもドアという今までにない画期的なサービスに対して、値決めすることが求められています。
    教科書的な値決めには下記の3パターンがあると言われています。

    ①製造原価ベースの値決め
    製造原価がいくらかかったため、利益をいくら上乗せして価格を決めるというものです。
    製造業では一般的に行われている値決めですが、今回は製造原価もまったく想像がつかないのでこの値決めは難しそうです。

    ②競争ベースの値決め
    競合が存在する場合に、競合の価格を考慮に入れて値決めをするというものです。これも一般的に行われていますが、
    今回は今までに例をみない画期的な商品のため競合すら存在していないと考えられるのでこの値決めも使えないと考えられます。
    一方で、どこでもドアの競合を広義に捉えることで販売価格を設定することは可能かもしれません。
    どこでもドアは強力な移動、運送手段といえます。その意味では航空産業、自動車産業なども広義の競合と捉えることができ、
    更には運輸業もその強豪と捉えることができそうです。これらのサービス価格や市場規模からどこでも
    ドアの値決めを考えるということは可能かもしれません。

    ③価値ベースの値決め
    これは顧客に提供する価値をベースに価格を設定するというものです。この価格であれば買い手がつくであろう
    という最大値の価格をつけるというものです。ターゲットを誰にするかによって価格も大きく変わります。
    例えば今回の事例でいえば、個人に販売するのか、法人に販売するのか、それとももっと大きな枠組
    で国家に販売するのかによって値決めは大きく変わるでしょう。どこでもドアを大量生産して個人に販売するのか、
    技術的なものも含めて国家にどかんと大きな金額で販売するのかによって値段は数万円単位から数兆円単位まで幅広くなるでしょう。

    価値ベースについては設定の仕方によってかなり幅広く価格設定ができそうです。
    最後に教科書的ではありませんが、④理念ベースでの値決めという考え方もあり、近年ではベンチャーやNPO
    などでこのベースで値決めをするケースもあるように思います。例えば庶民でも手がとどく価格で宇宙旅行を提供したい
    といったロケットベンチャーや忙しい女性のために育児やベビーシッターを格安で提供できるサービスなどが
    この考え方にあたるといえます。どこでもドアという誰もがうらやむ価値のある体験をこの金額で経験してほしい
    という考えから値決めをするというのも一つのアプローチであると考えられます。
    大量生産できるのであれば販売価格を設定し、一つしかない前提であればどこでもドアを通じた経験をサービスとして
    販売価格を設定することになります。


    最後に
    もちろんこのような世にないサービスであるために販売価格を設定することはできないというのも一つの答えかもしれませんが、
    設問が「「あなたは「どこでもドア」の開発に成功しました。いくらで販売しますか。
    値付けの理由も含めて説明してください。」(800字)」とあるため、出題者の意図を考えると上記のように
    価格を設定して理由付けすることが求められていると考えられます。

    冒頭で紹介した通り、「値決めは経営」であり、ビジネスの根幹となる部分といえます。ぜひ自分なりの
    言葉で説明できる値決めをしていただければと思います。


    【【経営】「あなたは「どこでもドア」の開発に成功しました。いくらで販売しますか?】の続きを読む

    このページのトップヘ