投資ちゃんねる - 株・FX・投資まとめ -

    【タカタ急落からストップ高の急反発 国内自動車大手がタカタの資金繰り支援】の続きを読む

    1: 2017/06/19(月) 12:23:30.80 ID:CAP_USER
    19日の東京株式市場で「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じられたタカタ株に売り注文が殺到した。午前中だけで売り注文が920万株超に膨らんだのに対し、買い注文は5万株弱しか入っておらず、取引が成立していない。

     16日は報道の真偽を確認するとして東京証券取引所が終日、売買を停止していた。16日夜にタカタがコメントを開示したため、19日は売買が再開された。気配値は売買が停止になる前の15日終値に比べ80円(17%)安の404円と、制限値幅の下限(ストップ安水準)まで下がった。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD19H0B_Z10C17A6EAF000/

    【タカタ株に売り注文殺到 取引成立せず】の続きを読む

    1: 2017/01/31(火) 14:38:52.80 ID:CAP_USER
    http://www.afpbb.com/articles/-/3116032

    【1月31日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がツイッター(Twitter)で繰り出す個別企業への攻撃。
    それを投資に生かそうと、テキサス(Texas)州の企業が人工知能(AI)を使ったプログラムを開発した。
    トランプ氏のツイートを分析して株価の変動を予想、瞬時に取引をこなすもので、すでにトヨタ自動車(Toyota Motor)
    のメキシコ工場建設への批判などから大きな利益を上げたという。

     プログラムはその名も「トランプ・アンド・ダンプ(Trump & Dump)」。株価の変動につながるトランプ氏の投稿を特定し、
    株価にプラス材料になるかマイナス材料になるかを即座に判断、素早く取引を行う。
     開発したテキサス州オースティン(Austin)のマーケティング・テクノロジー企業、T3のベン・ガディス(Ben Gaddis)社長は
    AFPの取材に、政権移行期間にトランプ氏からツイッターで攻撃された米ボーイング(Boeing)やロッキード・マーチン(Lockheed Martin)
    の株価が急落したことに目を付けたと説明した。

    「トランプ氏の予測不能なツイートにどのように対処すればよいか、誰もが自問自答している」(ガディス氏)。
    そこでT3が取り組むことにしたのが、トランプ氏のツイートを基にして自動取引するプログラム(ボット)の開発だった。
     同社はこれまでの運用成績に満足しているといい、2回の取引で「大きな利益」が上がり、3回目は「若干」の損失だったと明かしている。
     T3のウェブサイトに掲載された動画によると、
    1月上旬にトランプ氏がトヨタ自動車(Toyota Motor)のメキシコ工場建設を批判したことを受けた際には、
    同社の株価が下落すると見込み「非常に大きな」利益を得たという。

     同社は取引で得た利益を米国動物虐待防止協会(ASPCA)に寄付していると明らかにした上で「トランプ大統領がツイートすれば子犬が救える」と述べている。(c)AFP

    【トランプ氏のツイートで株自動取引、米企業がAIプログラム開発 トヨタ空売りで大きな利益も】の続きを読む

    【ツイッターの反応】
    【2chの反応】
    12: 2017/01/20(金)20:24:11 ID:XnY
    どこでやってんの?

    【【実況】トランプ大統領就任式】の続きを読む

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H9E_Z10C17A1MM0000/

    米原子力事業で巨額損失が発生する見通しとなった東芝に対し、日本政策投資銀行が資本支援に向けて本格検討に入ったことが
    19日分かった。分社した後の半導体子会社に出資する案が有力とみられ、メガバンクと共同で組成している
    ファンドを活用する案も出ている。東芝の米原発事業で発生する損失は最大7千億円規模に膨らむ可能性もあり、財務基盤の強化が急務となっている。



    【ツイッターの反応】






    【【金融】日本政策投資銀行が東芝支援検討、原発事業の損失が最大7000億円に】の続きを読む

    このページのトップヘ